播磨の国宝を巡る旅

【モデルコース】
加古川市内~鶴林寺~一乗寺~食事~
道の駅とうじょう~朝光寺~浄土寺~加古川市内



鶴林寺

鶴林寺

近畿地方に数多くある聖徳太子開基伝承をもつ寺院の1つで、
太子建立七大寺の一つともいうが、創建の詳しい事情は不明である。
平安時代建築の太子堂(国宝)をはじめ、多くの文化財を有し、
「西の法隆寺」とも称されている播磨地方有数の古寺である。


引用元-Wikipedia:鶴林寺


一条寺
【一乗寺】
一乗寺(いちじょうじ)は、兵庫県加西市にある天台宗の寺院。
西国三十三所第26番。山号は法華山、本尊は聖観音菩薩である。
寺伝では孝徳天皇の勅願で650年に創建、開基(創立者)は法道仙人とされる。
国宝に指定されている三重塔(1171年建立)は平安時代後期を代表する和様建築の塔であり、 日本国内屈指の古塔である。 境内は山深く、春は桜、秋は紅葉の名所としても知られている。

引用元-Wikipedia:一乗寺



【お食事】
播磨の名物を食するもよし、
お客様のご希望に合わせたお食事をご用意致します。




道の駅とうじょう
地元特産や新鮮野菜、卵、漬物、お土産がもり沢山
ご家族・ご友人等へのお土産のお買い物に!



朝光寺
【朝光寺】
朝光寺(ちょうこうじ)は兵庫県加東市にある仏教寺院。
山号を鹿野山(ろくやさん)と称する。宗派は高野山真言宗、
本尊は2躯の十一面千手千眼観世音菩薩立像である。
法道仙人が651年に開基したという伝承をもつ。
本堂は国宝に、鐘楼は国の重要文化財に指定されている。

引用元-Wikipedia:朝光寺


浄土寺
【浄土寺】

浄土寺(じょうどじ)は、兵庫県小野市にある高野山真言宗の寺院。
山号を極楽山と称する。本尊は薬師如来と阿弥陀如来、開山は重源で、
建久年間(1190年~1198年)の創建である。多数の文化財を所有する
古刹として知られ、大仏様建築の浄土堂と仏師快慶の大作「阿弥陀三尊像」
は特に著名である。

引用元-Wikipedia:浄土寺


 

観光についての問い合わせ先
観光についての問い合わせ先

ご予約・問い合わせは御気軽にお電話下さい
観光部:0120-75-1515
※携帯電話・スマートフォンからも繋がります
担当:松下・高橋

観光についてのお問合せは問い合わせフォームからも受付けております

※各コース・料金は参考例となります。
   実際のコースや時間によって金額が変わります
※有料道路料金・駐車料・各施設への入場料はお客様負担となります。
※多人数グループで利用すればお一人あたりの負担も少なくなります。
※ゆったり9人乗りで広々トランクで荷物もたっぷり入る!
※高速道路、駐車代、乗務員宿泊費等は、お客様負担となります。
※自宅送迎は加古川市内となります

ともだちの輪会

お得な会員様特典をご用意しております。

楽しい旅と仲間作りをお手伝い致します。

詳しくはこちらをご覧ください⇒ともだちの輪会パンフレット